特定非営利活動法人エス・エス・エス

相談センターお問い合わせ

Data1 新規利用者の直前の居住推移

Data1 新規利用者の直前の居住推移

2005年では路上生活をされていた方の新規相談が約6割を占めていましたが、近年では路上生活をされていた方は4割を下回り、自宅や会社寮などで生活をしていたが何らかの理由で「住まい」を失ってしまった方の比率が高くなり続けています。

Data2 利用前の直前職

Data2 利用前の直前職

SSSの宿泊所を利用される方の以前の職種は、日雇いや派遣労働だけではなくホワイトカラーと言われる正社員や管理職の方など様々です。

Data3 新規利用者平均年齢

Data3 新規利用者平均年齢

Data4 新規利用者の年齢構成比

Data4 新規利用者の年齢構成比

SSSの宿泊所を利用される方は何らかの理由で「住まい」が不安定な状態になっている方です。
若年層(49歳以下)の利用が年々増加しており、新規利用される方の平均年齢はやや下降傾向にあります。
また、その一方で高齢層(60歳以上)は一定割合で推移していることから、景気や制度の穴など「社会が抱える課題」の影響によって「住まい」を失いやすいのは若年層と高齢層と言えます。

Data5 新規利用者の男女構成比

Data5 新規利用者の男女構成比

基本的には単身男性が多く利用しますが、女性専用施設や世帯(母子、夫婦、家族等)を受け入れ可能な施設を設け、女性の利用も受け付けています。
女性の施設利用は年々少しずつですが増加傾向にあります。この要因としては社会的背景に女性の受け入れ施設が不足していることにより、無料低額宿泊所を利用するニーズが高まっていることがあげられます。

Data6 SSS利用のきっかけ

Data6 SSS利用のきっかけ

Data7 宿泊所利用経験

Data7 宿泊所利用経験

Data8 利用者の収入内訳推移

Data8 利用者の収入内訳推移

すでに仕事や住まいを失ってしまった状態の方は、SSSへ相談に来られた際に生活保護の活用以外の方法が残されていない場合がほとんどです。
支援する上で、可能な場合は就労収入や年金による経済的自立を目指しますが、それらの収入では最低生活費に至らないケースもあるため、「半福祉」(生活保護+就労収入、または生活保護+年金など)という形をご本人の意向に沿って支援しています。

Data9 家族・親族との連絡

Data9 家族・親族との連絡

Data10 稼働対象者と高齢傷病者の構成比

Data10 稼働対象者と高齢傷病者の構成比

SSSではアセスメントにより64歳までの方を稼働対象者としています。(実際は65歳以上で元気に就労されている方もいます。)
反対に年齢は若くても傷病を抱えていたり、何らかの障碍をお持ちで就労が難しい方がいるため、稼働対象者の構成比は5割程度となっています。

Data11 社会コスト削減額(就労支援や年金受給支援による経済効果)

Data11 社会コスト削減額(就労支援や年金受給支援による経済効果)

SSSの宿泊所を利用する稼働対象者(グラフ⑩2015年:2,066人)に対して月平均943名、約45%の方は就労をしています。
これらの就労者や年金によって生活するようになった方の収入申告によって削減できた生活保護費を経済効果として算出すると、年間合計で約12億7,700万円となります。(※この実績には年金受給支援による削減額も含まれています。)

Data12 年代別の入所期間推移

Data12 年代別の入所期間推移

Data13 平均入所期間推移

Data13 平均入所期間推移

Data14 在籍者の平均年齢推移

Data14 在籍者の平均年齢推移

Data15 在籍者の年齢構成比推移

Data15 在籍者の年齢構成比推移

新たに宿泊所を利用される方の平均年齢は下がっていますが(P37グラフ③参照)、グラフ⑭の通り、宿泊所で生活している方の平均年齢は下がっていません。グラフ⑮を見ると、高齢層(60歳以上)の方が多く在籍していることが分かります。

Data16 居宅等への転宅総数推移

Data16 居宅等への転宅総数推移

Data17 居宅等への転宅総数累計

Data17 居宅等への転宅総数累計

Data18 退所者の種別構成比推移

Data18 退所者の種別構成比推移

SSSの宿泊所を2015年に退所された方の約3.6割、1,441人が自立によって地域のアパート等へ転居しました。
また、422人が帰郷されるなど地域や家族等とのつながりを再度取り戻しています。その他、高齢者施設や障碍者施設等への転居も578人にのぼり、円満退所者の総数は2,441人と増加傾向にあります。低所得高齢者の介護認定や障碍者の障害支援区分認定等の支援が適切に実を結んでいます。

お困りの方

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

フリーダイヤルでお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

公的機関の方、その他のお問合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

TOP > データベース