特定非営利活動法人エス・エス・エス

お問い合わせ

お困りの方へ

まずは相談を

支援が必要な方、どうしたら良いかわからないなど、
小さいことでも大丈夫です。まずはご相談ください。
経験豊富なスタッフが対応いたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

フリーダイヤルでお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

どんな方を支援しているのか

何らかの理由で「住まい」を失う恐れがある方や、すでに失ってしまった人方などが利用します。
たとえば、仕事を失い生活に困ってしまった方や病院を退院する際に帰る家が無い方など、
様々な理由で生活困窮状態にある方が利用されています。

性別

性別

基本的には単身男性が多く利用しますが、
女性専用施設や世帯(母子、夫婦、家族等)を受け入れ可能な施設を設け、女性の利用も受け付けています。
女性の施設利用は年々少しずつですが増加傾向にあります。
この要因としては社会的背景に女性の受け入れ施設が不足していることにより、宿泊所を利用するニーズが高まっていることがあげられます。

年代

年代

SSSの宿泊所を利用される方は何らかの理由で「住まい」が不安定な状態になっている方です。
若年層(49歳以下)の利用が年々増加しており、新規利用される方の平均年齢はやや下降傾向にあります。
また、その一方で高齢層(60歳以上)は一定割合で推移していることから、
景気や制度の穴など「社会が抱える課題」の影響によって「住まい」を失いやすいのは若年層と高齢層と言えます。

利用したきっかけ

利用したきっかけ

2005年には全体の約半数だった役所紹介が2015年には94.5%と大幅に増加し、
首都圏の主要な自治体に対する認知度や信頼度が高まったと考えられます。
一方でホームレス数の減少とともに相談センターへの来所や路上へのアウトリーチによる利用のきっかけも減少しており、
SSSによる居住支援がホームレス数の減少に多少なりとも貢献してきたことを示しています。

参考データ

SSS利用のきっかけ

利用後の生活について

利用後の生活について

SSSの宿泊所を2015年に退所された方の約3.6割、1,441人が自立によって地域のアパート等へ転居しました。
また、422人が帰郷されるなど地域や家族等とのつながりを再度取り戻しています。
その他高齢者施設や障碍者施設等への転居も578人にのぼり、円満退所者の総数は2,441人と年々増加しています。
低所得高齢者の介護認定や障碍者の障害支援区分認定等の支援が適切に実を結んでいます。

わたしが相談しても大丈夫?

当てはまる項目にチェックを入れ、「支援メニューを見る」をクリックしてください。(複数選択可)

支援メニューを見る

深刻になる前に

よく世間では「お気軽にご相談ください」という言葉を耳にします。
ただ、実際に相談したくても、勇気が必要だったり、恥ずかしかったり、どこに相談したら良いか分からないというように、
なかなか行動に移せないのではないでしょうか。
でも、あなたの抱える問題は今よりもっと深刻になるかもしれません。
落ち着いて正しい判断ができるうちであれば間に合うことがたくさんあります。

こんな時はすぐ相談を

  • 「ネットカフェに暮らしているけど、今の生活から抜け出したい」
  • 「病気で仕事をクビになった。今月中に社員寮を出るようにと言われている」
  • 「年金だけでアパートの家賃を払うのが苦しく、3か月滞納してしまった」
  • 「児童養護施設を出たあと先輩の家に転がりこんで、どうしようか悩んでいる」
  • 「頼れる家族も友達もいない」

よくあるご質問

一覧を見る

SSSの宿泊所はどんな人が利用するんですか?

何らかの理由で「住まい」を失う恐れがある方や、すでに失ってしまった人方などが利用します。
たとえば、仕事を失い生活に困ってしまった方や病院を退院する際に帰る家が無い方など、
様々な理由で生活困窮状態にある方が利用されています。

データベース参照

施設を利用するにはどうすればよいですか?

まずは最寄りの相談センターにご連絡ください。スタッフがご本人様の状況をお聞きし、ご案内させていただきます。
※簡単な事前審査があります。
※ご希望に沿えない場合があります。
※ご相談についての個人情報は保護されます。

相談センターはこちら

入所できるまでにどのくらいの期間がかかりますか?

空室がある場合には即日の入所も可能です。ご希望の地域、施設について、まずはお問い合わせください。
空きを待つ間の居所が無い場合には無料にてシェルターを利用することも可能です。
待期期間は施設の空き状況にもよりますが長くても2週間程度で調整可能です。
※施設の空きが無い場合にはそれ以上の期間がかかる場合もございます。

利用するのに費用はどれくらいかかりますか?

入所される施設により金額が違います。内訳として家賃・食費・光熱水費・管理共益費などをお支払いいただきます。
その他、施設により異なるものもございますので、詳細は、ご契約検討時もしくは相談センターにご連絡ください。
所持金や収入が無い方は、生活保護制度等を活用することも可能です。

施設に規則はありますか?

最低限のルールがあります。
自立に向けて規則正しい生活リズムを見につけるため、食事の時間や門限、掃除当番など施設によってルールがあります。
施設利用の手引きに詳細が記載されております。スタッフからの説明もございますので、入所時に詳しい内容をご確認ください。

施設利用の手引き【例】

建築・設備面でどのような防災対策がとられていますか?

火災時の対応として避難訓練を年2回実施し、非常時に備えています。
また、消防設備点検を法令に基づき実施し、地域の消防署への届け出をおこなっています。熱探知機、煙探知機、消火器は消防法に基づき設置し、一部施設によってはスプリンクラーや住宅用下方放出型自動消火装置(スペースシュッパー)、自動火災報知器の設置をしております。
その他、一定量の食糧などを各支部・施設に備蓄しています。
(※標準設備:熱探知機、煙探知機、消火器、誘導灯、避難具、避難誘導図、BCPと防災マニュアル、非常用食料・水の備蓄、AED)

居室の種類を教えてください。

個室、簡易個室、相部屋の3タイプになります。
利用についてはできる限り希望は尊重させていただきますが、施設の空き状況によっては困難な場合もございます。
施設入所後、希望の施設の空きができ次第移動することは可能です。詳しくはお問い合わせください。

食事の内容について教えてください。

食事については朝、夕の提供となります。※一部3食提供の施設もございます。
管理栄養士の指導の基、栄養バランスの取れた内容と成人男性に必要なカロリーを計算された食事になります。
お米とお味噌は国産使用。月2回のスペシャルメニューや季節限定の鍋メニュー等もご用意しております。
※一部、季節の鍋メニューの導入がない施設がございます。 
詳しくはお問い合わせください。

SSSの宿泊所でどんな生活をしているんですか?

自立に向けて各自のペースで生活をされています。
共同生活の中で最低限守るべきルールに沿って、自立を目指した生活習慣を身に付けていきます。
住民票の異動や各種手続きを済ませつつ、債務処理等、法律家の支援を必要とする場合は、弁護士事務所や法テラスへ足を運びます。
また、傷病のある方は通院や服薬に関するサポートを受け、稼働対象の方はSSS自立支援セミナーを受講するなど、各種就労支援を活用し、仕事探しをしていくといった生活を送ります。
各種支援を受けながら、心身の状態を整えることや社会生活に慣れることなど、自立へ向けた社会的リハビリの期間を過ごすこととなります。

データベース参照

SSSの宿泊所でどれくらいの期間過ごしているんですか?

平均して約3年程度です。
一見長いように感じますが、その背景には働くことができる若年層が自立し、行き場のない高齢者やSSSでの生活を望む高齢者が宿泊所に留まるといったことがあげられます。このことが入所期間の全体平均を引き上げる要因になっています。

データベース参照

貧困ビジネスではないのですか?

違います。当法人は社会問題を事業の手法を用いて解決していく『社会的企業』です。
貧困ビジネスとは、「貧困層をターゲットにしていて、かつ貧困からの脱却に資することなく、貧困を固定化するビジネス」のことです。
当法人では利用者様の自立のために各種支援をおこない早期自立をお手伝いしています。
年間2,441人(2015年)の自立転宅者を送りだし、貧困ビジネスと呼ばれる悪質な事業者や無届事業者とは一線を画した実績を出しています。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

フリーダイヤルでお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

TOP > お困りの方へ