特定非営利活動法人エス・エス・エス

お問い合わせ
性別
男性
年代
60代
サービス
居住支援
現在
通院しながら居宅生活にむけて生活をしている。

なぜSSSを選んだのか

タクシー運転手を経て建設業に従事しましたが、年齢を理由に契約更新を断られ、住み込みの寮も追い出され路上生活を余儀なくされました。
路上生活時の仲間にSSSの存在を聞いて相談しました。

SSSを利用して変わったこと

路上生活時には、一人で福祉事務所に相談にいっても相手にされない、年齢を理由に断られるなどの噂もあり、不安で一度も相談に行っていませんでした。
生活保護を受給できて今まで10年以上いってなかった病院にも通院して、体調管理に気を付けながら、アパート生活ができるように頑張っています。
SSSの方や、丁寧に対応していただいた福祉事務所の相談員の方に感謝しております。

性別
男性
年代
70代
サービス
相談支援
現在
生活保護を受給し、自立支援施設にて生活中

なぜSSSを選んだのか

海で自殺を図ろうとしていたところ警察に保護されました。
自殺を考えて身分証・預金通帳等をすべて破棄してしまったため、身元不明扱いで警察、行政とつながりSSSに相談。
年金を2カ月で約30万受給していたため、行政には生活保護の対象にはならないので関われないと言われました。

SSSを利用して変わったこと

現時点で手持ち金がなく、仕事もない中で生活保護の対象にならないかとSSSのスタッフが行政にかけあってくれました。
預金通帳を再発行するにしても身分証もなく時間がかかってしまい、この間、一文無しの状態でどう生活すれば良いか分かりませんでしたが、生活保護の対象になるはずと話し合いを続けた結果、申請を受理してもらえることになりました。
自暴自棄になった過去を反省し、現在は年金を再受給できるようになり、安心した生活ができています。

性別
男性
年代
60代
サービス
就労支援
現在
アパートへ転居し、SSSの調理アルバイトを生きがいとして継続

なぜSSSを選んだのか

飲食店の事業に失敗して生活困窮状態となり、それが理由で家族とも離れました。
やがてアパートも引き払うこととなり、初めてのことでどこに相談したらよいか分かりませんでしたが、行政に相談したところSSSにつながることができました。

SSSを利用して変わったこと

血小板に関する数値が思わしくなく、月1回の定期通院が必要でしたが、生活が落ち着いてきた頃に施設内の調理アルバイトとして採用されることになり、給与収入と生活保護によって暮らしていくことになりました。
その後、施設を出て近くのアパートに転居することになりましたが、転居してからも同じ施設に通い自分の生きがいとなった調理のアルバイトを続けています。

性別
女性
年代
20代
サービス
女性支援
現在
仕事が見つかり、娘と一緒にアパートで生活中。

なぜSSSを選んだのか

浮気を繰り返していた夫から突然離婚を切り出され、離婚届を提出した当日に浮気相手が引越してきたことで、1歳になる娘と一緒にアパートを追い出されました。
その後、福祉事務所へ相談し、SSSを紹介されました。

SSSを利用して変わったこと

施設に入所し、今後の生活や娘のことなどの悩みを施設職員に相談したところ、住民票移動や母子手当の申請を手伝って下さり、就労するという目標に専念できるように支援してもらいました。生活保護の生業扶助でヘルパー2級の資格も取得できるよう行政に交渉していただき、現在は、資格を活かして託児所完備の介護会社に就職し、子どもと一緒にアパートで生活を送っています。

性別
男性
年代
10代
サービス
若年者支援
現在
中学卒業と同時に利用を開始し、アルバイトを開始

なぜSSSを選んだのか

両親からのネグレクト(睡眠や食事を与えない)などの虐待を受け、児童相談所に何度か一時保護されました。
親と生活するのが嫌で、児童相談所の職員と一緒に自立援助ホームひまわりを見学し、仕事をしながら自立を目指すことにしました。

SSSを利用して変わったこと

(ホーム長より)義務教育を終了して2カ月あまりでアルバイトを開始しました。不慣れな中で遅刻や失敗などもありますが、少しずつ成長していると感じます。
現在は自己管理能力を身に着けてもらうために、生活費の使い方をトレーニングしています。

性別
男性
年代
40代
サービス
刑余者支援
現在
生活苦から窃盗(万引き)をして施設入所したケース

なぜSSSを選んだのか

派遣スタッフとして社員寮で生活をしていましたが、人間関係が悪くなり退職しました。その後、車上生活をするようになり、空腹に耐えられずスーパーで食料品を万引きしたところを逮捕されてしまいました。
過去に逮捕歴がなかったことから、不起訴となりましたが、行先がないため釈放後に保護観察所に相談し、自立準備ホームへ入所となりました。

SSSを利用して変わったこと

就労のために住民票を異動し、免許証の更新と保険証の作成を行いました。
入所後3カ月目に就職先が見つかり、5カ月目までに25万程度の貯金を行い、無事にアパート転宅できることになりました。
自身を見つめ直す時間と、立ち直るきっかけが作れました。ありがとうございます。

性別
男性
年代
70代
サービス
地域移行支援
現在
市内で清掃等のボランティアに参加しながらアパート生活を継続中

なぜSSSを選んだのか

自営業をしていましたが、年齢的・体力的にも辛くなり仕事をやめ、その後2年間路上生活をしていましたが、それも限界となり生活保護を受給させてもらいました。
約9年間、他団体の無料低額宿泊所を利用していましたが、どうすれば自立した生活ができるのか分からず途方に暮れていたところSSSへ入所する話をもらい入所となりました。

SSSを利用して変わったこと

わたしは、身体を悪くしてしまったり高齢のため仕事に就くことが難しくなり「さくら館」というSSSの事業を利用して生活費の収入と支出の相談、健康管理、衛生面、食生活などの生活面を主に支援してもらいました。また、転宅時に今後のことも考えエレベーター付きの物件を一緒に探してもらい無事に転宅することができました。
今も生活保護のお世話になっていますが、自分は今何ができるのかを考え地域の清掃ボランティアに参加させてもらい少しでも地域の役に立てればと思っています。

お困りの方

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

フリーダイヤルでお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

公的機関の方、その他のお問合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

相談センター一覧

受付時間 9:00~17:00
土日、祝日については受付しておりません。

TOP > 利用者の声